FC2ブログ
イラスト中心で自由な感じ。[ユルく楽しくオリジなる]なブログです。

ノベル[ランフォーラン]第二部
「あ、あのっ!17:58発の電車って!?」

「いや~残念だったね。今日も異常なし!その電車なら、ついさっき出発したよ」

「そ、そんなぁ~。ランちゃん…。俺は…、俺は君の事がずっと…」

「え?もしかしてハシルくん?」

「あ!ランちゃん!どうして?たしか17:58の電車で出発…」

「あぁ、そのことね。弟が荷造り遅くてさ。一本違うのにしたのよ」

「よかった…。ランちゃん。俺、俺は…」

「ハシルくん…」

「…何でここに居るの?」

「…え?」

「いや、どうしてハシルくんここに居るのかなぁって。だって私たち――」

「どっ、どうしたんだよ!ランちゃん、俺の事忘れちゃったのか!?」

「速見端流くんでしょ?私とは同じ中学だったけど、高校は別々…。しかも中学では2年の時に同じクラスになっただけ。部活も違うし、接点無し!…どう?何か違う?」

「いや、うん…、そのとおりなんだけど…」

「でもでも!卒業式の時に[また会おうね]って言ってくれたじゃん!」

「うん言ったよ。…それで?普通の社交辞令でしょ」

「っていうか、何で私が転校するって知ってるの!?しかも時間まで…!」

「うわ、怖っ!もう一本電車ずらそうかな!」

「待って…。待ってよランちゃあん…」


==おわり==


//何がいけなかったのか。思い込みの激しいハシル?それとも言い方がキツいラン?まぁ…、青春は甘酸っぱいということで。
//2人の会話を引き立てるために、会話のみの構成にしました。が、これってノベルとは言わないですよね。テンポ重視のため、この形式で[ノベル]とさせてください。。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © わたしの画用紙. all rights reserved.